ししゃも脚

脚やせエステの口コミ

ししゃも脚になる原因を紹介しています。

脚やせTOP > ししゃも脚

ししゃも脚の原因

「ししゃも脚」とは、ふくらはぎが筋肉質で、がっちりと硬くなっている脚のことを言います。

案外、この「ししゃも脚」に悩む女性が多いようです。

ししゃも脚になる原因はいくつか考えられます。まずは、自身の原因をしっかりと把握し、解消していきましょう。

立ち方がアンバランス

立っている時に、つま先やかかとのどちらかに重心が偏っている場合や、右足か左足の片方に体重がのっている場合などに、ししゃも脚になる場合があります。

上半身の不安定さを、ふくらはぎの筋肉がカバーしようとして、筋肉がついてしまうのです。

上半身は華奢なのに、ふくらはぎだけは異様にしっかりしている場合には、この理由が考えられます。

歩き方に偏りがある

歩く時に、ぐっと踏み込んで歩く癖があったり、かかとから足をついて歩く癖がある場合、ふくらはぎの筋肉に負担がかかり、太くなる場合があります。

靴の裏が片方だけ、極端に減ったり、かかとの一部だけが集中的に減りやすい、という人がいると思います。

こういう人は、歩き方が原因でししゃも脚になっています。

早足で歩く癖がある

早足で歩くと、足裏に力が入り、どうしても前のめりに歩いてしまいがちです。

気ばかりが焦って、ついつい歩きかたも崩れがちになり、姿勢も悪くなるのでオススメできません。

ほんの少し、気持ちに余裕をもって、背筋を伸ばして歩くだけでも、全然歩き方が変わってくるでしょう。

いつもヒールの高い靴を履いている

高いヒールばかりを無理して履いていると、歩き方が崩れ、猫背になっている場合があります。

ハイヒールは、お腹を意識的に引き上げ、バランスよく履いていないと、ひざ下にかなりの負担がかかり、筋肉疲労しやすくなります。

もともと発達している筋肉が筋肉疲労をおこすと、さらに太くしっかりと、サイズアップしてしまいます。

自転車によく乗る

ママチャリのように、踏み込んで走るタイプの自転車に乗っていると、ふくらはぎの筋肉が太く発達します。

ギアの調整のできる自転車の場合には、ギアを重めに設定していたり、立ちこぎをする場合などは、頑固なふくらはぎの筋肉を作り出します。

イスの高さやギアの調整など、注意が必要になります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 脚やせエステの口コミ All Rights Reserved.